四十肩のヒアルロン酸注射とステロイド注射

四十肩や五十肩の治療というのは状態によって様々な治療が行われますが、その一つがヒアルロン酸注射とステロイド注射になります。この治療によって肩関節の痛みが緩和する可能性が高いです。

 

まずヒアルロン酸注射に関しての説明になります。関節やその近くの滑液包には、ヒアルロン酸が含有された関節液や滑液が存在しています。関節液により摩擦を防ぎ、衝撃をなくすクッションのような役割になります。ただ、加齢によってヒアルロン酸が減少してしまい、それによって働きが低下してしまうことで痛みが出てきてしまいます。

 

ですので、ヒアルロン酸を注射して関節液の補給をすることによって正常な状態にします。そうすると痛みが軽減することが期待できます。四十肩や五十肩の症状が重い場合は、ヒアルロン酸を定期的に注射するということが治療法として有効になります。

 

次にステロイド注射に関してですが、これは痛みが疼いたり関節に水が溜まっていたりした際に炎症を抑えるという目的で使います。炎症を抑える効果を期待することが出来るステロイド注射というのは、四十肩や五十肩の急性期に引き起こされる強い痛みを一時的に緩和することが可能になります。ただ、副作用もあり、肩関節の軟骨や周囲の腱組織が弱くなることもありますので、それは理解しておきましょう。

 

さらに糖尿病を患っているという方に関しては、化膿性関節炎を引き起こしてしまうこともありますので非常に注意が必要になります。また、効果を非常に得ることが出来ても、ステロイド注射に関しては何度も打つということが出来ませんので、その点についても理解していてください。